11月にそっと出したつもりのレッスンメニュー、米粉のガトーショコラ

 

リクエストいただいて追加募集かけると、当日までにゆっくり応募があり、

お蔭様で全て満席にてレッスンさせていただいてます。

 

チョコレートケーキはやっぱり人気が強いですね。

 

 

食べる1時間くらい前に冷蔵庫からだしておくと、美味しいと思うのです。

試食はもちろん前日に作成して一晩冷蔵庫で寝かせておいてます。

 

私のおすすめは3日後の熟成したガトーショコラがお勧めです。

他のレッスンもあり、なかなか冷蔵庫の場所が取れないのでお教室では出せないのが残念ですが。

お家で寝かせてから食べてみてくださいね。

 

 

 

これはキルシュがこれでもかと入ったキルシュ・トルテ

 

スイスのツーク村で作られたケーキだそうです。

 

まず、ウィーン風のアーモンドプードル多めのジェノワーズを作り、

卵白でサクサクのダコワーズを2枚、しぼり袋で丸く作ります。

クリームはイタリアンメレンゲにたっぷりのバターを加えたブッタークレーム

その中にたっぷりのキルシュと色付けにグレナデンシロップを加え、ピンク色にしてます。

 

ダコワーズ・スポンジ・ダコワーズとバタークリームを挟みながら重ねますが、

キルシュ入りのシロップを重ねる度にたっぷりとハケで塗りつけてあります。

 

キルシュは大好きで、家に常に常備してある「キルシュワッサー」

これをちょっと使うだけで品があるケーキに早変わりするような気がしますが、、

 

今回は約1本分を使用。

 

なので一切れ食べるだけでほろ酔い気分になります。

私はこれを朝とおやつに食べて、幸せな気分になってますw

 

でもね。毎日こんなに食べたら体に悪いこと分かってるし、他のお菓子の試食もあるので

年に数回かしか作れないかな。

できたら毎日食べたいな。

少し忙しくご無沙汰してしまいました。

師走はやること山盛りで、歳をとって動きが遅くなった私は

1日があっという間に過ぎてしまいます。

 

予定の半分も動けないので、繰越を続け、お休みもとれなくなってくるパターン

年齢と共に少しゆっくりした予定をたてないとだめですね。

撮りためた写真もアップしないまま、インスタに何日ぶりかにアクセスしたら

世間はクリスマス一色でした。

浦島太郎の心境です。

 

昨日のレッスンで叉焼包を作りました。

 

今回もパックリ綺麗に割れてくれました。

 

蒸し器をフル回転するこのレッスンは湿度の低い今の季節にぴったり

チャーシューも叉焼ジャンもその場で手作りするこのレッスン。

受講された皆様にとっても喜んでいただけるので嬉しい。

 

受講された方より、ご自宅での復習写真を送って下さいました。↓

 ↑沢山練習してくださったそうです。こういうのとても嬉しい♪

 

アンモニアパウダーなしでも綺麗に割れるいくつかのコツをお伝えできます。

このレッスン押し売りはしませんが、かなり価値あるとおもいます。。

蒸し器をフル回転させるので、今後は夏場はやりませんので。

今の時期にリクエストして受講してみてくださいね。

 

おまけのお饅頭。

基本の小麦粉饅頭にお絵かきしてみました。

福笑い。。

 

お正月にいいですね。

最近とっても嬉しかったこと。

インスタのストーリーにも先に乗せてしまいましたが、

お友達のご自宅に招かれました。

 

この年になると、自宅に招いてくれるなんてこと

なかなかありません。

行ってみたくても、口に出せない。

仲良くても誘っていただけない限り難しいですよね。

なので、喜び勇んで伺いました!

 

手作りの料理をたくさん作ってくださいました。

 

 

まずは、ウエルカムドリンク。手作りのナッツの飴が絡んだおつまみ付き。。

寒い寒いといいながらのホットチョコレート♡

 

 

普通はこれにペットボトルのお茶やお菓子で終わります。

これだけでも十分嬉しい。。

 

でも、、ここからが凄かった。。

 

 

冷蔵庫をパタパタ開けて、ササっとでてきた一品がこれ、、

お酒が大好きな私にスパークリングワイン付き。。

 

 

梅の実のキムチ、葱のキムチ、鴨肉のハム、豚の煮凝り、コーンビーフ

別皿に大盛の柿のキムチ。

 

 

ハムには粒マスタードをつけて食べました。

彼女のすごいところは、この粒マスタードも手作りしてるとのこと。。

他、キムチ作りに使うコチュジャンまでも手作り。

 

もう、、ひとつひとつが滋味深く美味しい。

もったいないので、ゆっくり噛みしめていただきました。

こんなにたくさんの手作りの品々、いっぺんに食べられる機会はないと思います。

 

まだまだこれだけでは終わりません。

ここまでは前菜だったのです。

 

 

コーンビーフを作ったときにできたスープで作ったという

キャベツの絶品スープ

奥深く上品な味で、ずっとずっとこればかり食べてられる。。

 

前菜の手作りの荏胡麻のキムチを残しておいたので、

リクエストして白ごはんをいただきました。

巻いて食べたら、これも止まらない。。

 

 

メインは男爵芋を蒸して潰し、手作りのコーンビーフを入れて作ってくれた

日本一美味しいコロッケ。

付け合わせのキャベツと柿のサラダといただきました。

 

 

おなかいっぱいになったところに

デザートのタワー

ラズベリーのギモーブ、木苺のチョコレート、カカオたっぷりの生チョコ

もう入らないよーって言いながら全部いただきました。

 

 

ずっとお母さんのアシスタントをしてくれていた小学生のお嬢さん。

手動でスチームミルクを作ってくれてカフェラテを出してくれました。

 

 

サービス精神の溢れるお嬢さん。

お母さんに似て礼儀正しく、頭が良くて優しくて、なにより面白い。

きっと学校でも人気があるんだろうな。

あんなかわいい子に出会えて嬉しかった。

またお会いしたいな。。

 

昨日のことなのですが、思い出しただけでもぐっときてしまいます。

心に残るおもてなし料理。。一生忘れないでしょう。

点心レッスンは、小籠包を最初にやりたいと思う方が多いと思います。

でも。。

小籠包はすごく薄い皮に具材を沢山入れて包みますので、

包む作業に慣れるまで時間を要します。

個人差はありますが、、

私は包み方が似ている肉まんから練習していただき、小籠包に進むのをお勧めしてます。

 

肉まんレッスン→小籠包レッスンと進んでいただきますと

一瞬は出来たような気がします。実際できているのですが、

ご自宅でもう一度やってみると、、慣れない包み方でかなりの確率で、壁にぶつかります。

頭の中ではイメージはついているのに、手が思うように動かない。。

そんな経験をすると思います。

 

そんなとき「焼き小籠包」レッスンを受講してみてください。

 

打ち明けてしまいますが、、

焼き小籠包の生地、、とっても包みやすいのです。

実は強力粉多めの生地にイーストを入れてます。(本当は企業秘密です)

柔らかく伸びるので、頭の中でイメージしている包み方が

びっくりするほどスイスイ出来てしまうのです。

 

あ、、でも一度壁にぶつかっている人でないとこの感動は得られないと思います。

 

なので、私から小籠包をうまく包むアドバイスは

肉まん→小籠包という流れの受講順番を守っていただくこと。

小籠包を受けてから、お家で練習していただき、何度か壁に当たって砕けていただくこと。

 

何とかしたい。。となったら、、

焼き小籠包を受けて確認してみましょう。

ほら、相当上手に包めてますよ。。

騙されたと思って、やってみてくださいね。

 

さて、多数のリクエストがあり、今流行りのバスクチーズケーキの試作を続けております。

 

 

色々な大きさで試してみましたが、このマフィン型サイズが一番美味しくできるかも。。

 

卵黄のコクと生クリーム、クリームチーズで、カロリー多めの

贅沢チーズケーキ。

 

 

焼いている途中プクッと膨れる為、焼き上がりは真ん中が窪んでしまいますが、、これが正解です。

 

 

こちらもリクエストにてレッスン開講しますね。

まだまだ新作ありますので、お楽しみに。。

ひな蔵でたぶん一番開催されているレッスン

お赤飯と茶碗蒸し。

 

 

粉もの教室のひな蔵。。

もはや粉は一切使われてないお赤飯。。

 

小豆を良く煮る私は小豆のゆで汁を捨てるのはもったいないと

お赤飯に使いだしたのが原点です。

 

自分で言うのもなんですが、、このお赤飯絶品なんです。

 

 

あまりにも美味しく炊けるようになったので

レッスンにしてみたところ、、

自家製の茶碗蒸しと一緒にご好評をいただき、、

今では初回のレッスンがお赤飯という方がほとんどとなりました。

 

お赤飯と一緒に茶碗蒸しも作り、ご試食いただいてます。

茶碗蒸しは私が独り立ちしてからずっと作り続けているもの。。

 

一番の得意料理と自慢していた一品です。

 

味つけは、この「かえし」のみ。。

 

 

作り始めてから何十年経っているのか、、引っ越しの度に南部鉄器のフライパンと「かえし」だけは

ずっと大事に移動させてます。

あ、、今はそこに 老麺 が加わりました。

 

茶碗蒸しはおかずにもなり、スープの代わりにもなり、、

お赤飯と茶碗蒸し、、この2品だけで十分満足できます。

 

 

お持ち帰りは3合分のお赤飯を、専用の持ち帰り箱に入れて、、

 

合羽橋で、南天柄の保存シートとお赤飯の熨斗、紅白のゴムも手に入れました。

 

鯛のポチ袋には手作りのゴマ塩も入ってますよ。

 

 

塩と胡麻が分かれないゴマ塩、、その作り方もお伝えしてます。

 

ちょっとしたコツで美味しくできるようになるなら・・

ひとりで練習するより、習ってしまった方が長い間美味しいものが食べられます。

私はそういう考えで、いろいろなお教室に通い続けてます。

そこで出会える素敵な方々に、新たな情報を聞き続けられる。

ひな蔵ではレシピは絶対にコピーはしませんが、とりいれられるコツは全て吸収して

オリジナルレシピに組み込んでいます。

 

また、レシピを改定したときは、そのメニューを習っていただいた方には

無償で改定レシピをお渡ししてます。

少しでも美味しいものを共有していきましょうね。

皆さまと長いお付き合いができますように・・・

何年も前からずっと試作を続けていた米粉のガトーショコラ

やっと、レッスンに出すことができました。

 

 

クラッシックガトーショコラと材料が違うので、当然作成方法も変えてます。

焼く温度も時間もまったく違えてます。

 

チョコレートを食べているような感覚の米粉のガトーショコラは

焼き立てはとってもデリケート

 

冷蔵庫に最低でも半日は冷やしてからでないとカットできません。

 

チョコレートはカカオの量が高すぎれば水分の生クリーム量も当然多めにしないと

乳化も難しくなります。

まずはチョコレートのカカオ量を決めてから、1gづつ生クリーム量を増やしながらレシピを決めました。

 

チョコレートとバターと生クリーム。

それぞれ合わせる温度も重要です。

この温度帯を守らないと完全に乳化しないので味も変わってしまうのです。

 

私はチョコレートとバターは絶対にレンジにかけません。

ゆっくり適切な温度帯で溶かしていきます。

生クリームの乳脂肪率も口当たりが変わってしまう原因になるようです。

 

作り方はとてもシンプルですが、それゆえに良いレシピが必要になると思います。

材料ももちろん良いものを使用すれば美味しくなりますが、、

作る工程や手順を間違えると、せっかくの材料もったいないですよね。

 

ひな蔵ではしっかりしたクラッシックガトーショコラとフワトロの米粉のガトーショコラ

2種類の自慢のレシピをご用意してます。

両方受けてくださいますと、少しお値引きさせていただきます。

 

この冬、温かい飲み物と一緒に濃厚なチョコレートケーキをお楽しみくださいね。

いつかのピザとフォカッチャレッスンのご紹介。

 

ピザを作るついでに同じ生地で作れてしまうフォカッチャ。

少しの生地量で大き目のピザが出来上がります。

でもどうせパン生地を捏ねるならと、ついでに一緒に作るフォカッチャ・・

これがとっても美味しい。

 

 

なのでこのレッスンは簡単にできる生地づくりとその2つの展開方法。

美味しいサルシッチャの作り方。。

簡単にできて美味しいトマトソースの作り方。

盛りだくさんにお伝えすることがあり、きっとご満足いただけると思います。

 

休日に思い立ったら簡単にできる手作りパンのレッスンです。

 

 

酵母も扱いやすい白神こだま酵母を使用します。

ドライの状態で販売しているので、日持ちもします。

これで肉まんを作っても、いつもの老麺で作る肉まんとは別のフワフワの食感が楽しめます。

 

 

ピザは28僂某ばしていただき、具材を乗せて短時間でやきあがります。

バリエーションもたくさん楽しめますので、お家での復習率も高いのです。

冷凍してトースターで焼き直しをしても美味しい♡

 

 

同じ生地で作るフォカッチャはたっぷりのオリーブオイルとガーリックソルトとハーブ入り。

オリーブオイルでまわりをカリッとさせながら焼きます。

塩味もきっちり効いてますので、おつまみにもいけますよ。

 

 

12月24日(火)と 26日(木)にレッスン開講しますので、興味がありましたら是非お越しくださいね。

以下、今後のレッスン状況となります。

 

11月20日(水)10:30〜焼き小籠包 ※あと2名様

11月24日(日)10:00〜シュークリーム ※あと2名様

11月24日(日)15:00〜肉まん&あんまん ※あと1名様

11月30日(土)10:30〜製餡(こし餡) ※満席

12月1日(日)10:00〜プライベート ※満席

12月1日(日)14:30〜お赤飯&茶碗蒸し ※あと2名様

12月4日(水)10:30〜叉焼包 ※あと1名様

12月7日(土)10:00〜米粉のガトーショコラ ※満席

12月14日(土)13:30〜お赤飯&茶碗蒸し ※満席

12月14日(土)17:30〜みたらし団子 ※満席

12月18日(水)11:00〜プライベート ※満席

12月19日(木)10:00〜プライベート ※満席

12月21日(土)10:00〜シュトーレン ※満席

12月22日(日)10:30〜シュトーレン ※あと2名様

12月24日(火)10:30〜ピザ&フォカッチャ ※あと2名様

12月25日(水)10:30〜米粉のガトーショコラ ※あと2名様

12月26日(木)10:00〜ピザ&フォカッチャ ※あと2名様

12月26日(木)14:00〜じゃがいも饅頭 ※あと2名様

12月28日(土)14:30〜シナモンロール ※あと1名様

12月30日(土)10:00〜パーティメニュー ※満席

1月8日(水)10:00〜皮から作る焼き餃子 ※満席

1月8日(水)14:00〜叉焼包 ※満席

1月11日(土)10:00〜じゃがいも饅頭 ※あと1名様

1月11日(土)14:00〜ガトーバスクレモン ※満席

1月13日(月祝)リクエスト受付中

1月18日(土)10:00〜エダムチーズステック&ショコラ ※あと2名様

1月25日(土)14:30〜メロンパン&ハニーフルーツブレッド※満席

 

2月も開校日随時更新しておりますので、リクエストお待ちしております。

栗饅頭といえば栗。

今年は台風の影響でスーパーではよい栗が出回りませんでした。

悲しい思いをされている方がたくさんいらっしゃるので

贅沢は言えません。

 

毎年、和菓子で使用する栗を渋皮煮と甘露煮にして瓶に詰めてシロップ漬けにするのですが、

今年の栗でも両方作ってみたのですが、いまいちの出来栄えになってしまい。

レッスンでは購入した栗を使用させていただきました。

 

そのかわり、渋皮煮の美味しい作り方はレシピとしてお渡しさせていただきました。

是非参考にされてくださいね。

 

ひな蔵の栗饅頭は1粒栗入りの楕円のもの。

そして、栗を細かく刻んで自家製の白あんに混ぜた栗の形に成形したもの。

2種類の栗饅頭を作ります。

 

表面に塗る照卵ですが、これがポイントになります。

自家製のカラメルを入れてつやつやに仕上げていきます。

 

焼いたお饅頭は焼き戻しをしっかりさせ、一体感のあるしっとりした栗饅頭に仕上げます。

 

 

焼き戻しを綺麗にできる雲竜袋やお饅頭袋もご用意しております。

 

そのままご贈答にしていただけますよ。

 

栗の形に近づけるように、皆さん楽しんで包餡されてました。

包餡はできるようになると楽しいですもんね。

 

容姿執着するあまり、中身をおろそかにしてしまう。

食べ物も人間にも言えることだと思いますが、、

私は中身(美味しさ)追及しますが容姿はほとんど気に留めません。

 

逆にそこそこ美味しい、でも見た目はとても綺麗な食べ物に

まったく興味がありません。

頼まれてやっと手を出す程度です。

キャラ弁、飾り巻きずし、デコパン、そして練り切り。。

写真映えを気にする世の中、仕方ないことなのでしょうね。

 

和菓子を勉強していると、そういうお菓子が半分以上、いや7割以上あると思います。

形を気にするあまり、必要以上にお砂糖を入れたり、色素を使いすぎたり。。

 

練りきりやこなしになると、色を付けるために指先でずっとコネコネ

いじくり倒します。。

勉強すればするほど、ねりきりの購入は躊躇してしまいます😿😿

 

ひな蔵のお菓子は素朴な見た目だけど、ものすごく美味しいを常に目指してレシピ作りしてます。

そして、、どうしても綺麗な練り切りを作りたい場合ww

自分で色粉を入れたものを作り、大事な人に差し上げましょう!

なるべく天然の色素で、、なるべくいい材料を使用して、清潔な道具を使用して。。

自分で作ることが出来れば怖いものなしです。

 

 

じゃがいも饅頭。

男爵芋をゆっくり蒸した後、マッシュしてから白あんと合わせて餡にしてます。

 

 

蒸す前も蒸した後も、男爵芋にしか見えません。

 

 

そして何より美味しい。

 

 

お饅頭の皮も醤油で色付けし、あばたは赤ザラメで作ってます。

 

作成が楽しすぎて、ニヤニヤが止まりませんw

 

これは金玉羹を作ってます。

 

練りきりを3色に色付けし、ベンツ模様に合わせました。

 

 

金玉を練り切りの周りにそっと張り付けます。

 

外側を持てるように氷餅をはりつけて。花ぐるまの出来上がりです。

 

これも練り切りを柚子入りの金玉羹で固めたもの。

梅餡、抹茶、こし餡、白みそ、ミンとリキュールで色付けしました。

下に柚子入りの白あんの羊羹も入れてます。

工程がおもしろい。

 

自分で作った和菓子は安心して食べられますよ、、ね?

明日には更新しよう・・・

っと思いながら最終更新してから11日も経ってしまいました😿

 

SNSは人生の途中で入ってきたものなので、なかなか生活の中には取り入れられません。

スマホも手元に置いておく習慣がなく、出かける時に毎回探し回る始末。

外出先で携帯が無いことに気づき不安になることしばしあります。

 

お教室へのお問い合わせにすぐに反応できずご迷惑をおかけしております。

お返事は必ずお送りしておりますので、少しだけ長い目で見ていただけると幸いです。

また、返信がない場合はメールが到着していない可能性もございます。

お手数ですが、再送をお願いいたします。

 

レッスンも沢山のお客様に来ていただきました。

少しづつこの後にご紹介していきたいと思います。

 

ゆっくりついでに、私がレッスンの合間にのんびり行くお店をご紹介。

 

 

台東区日本堤にある焙煎珈琲のバッハ

珈琲の美味しさももちろんですが、定員さんの対応がすばらしい。

客商売はこうでありたい!

 

ケーキを頼むと何も言わなくても人数分のフォークをつけてくれます。

 

 

こういうお教室もお客様あって成り立つもの。

先生と呼ばれ、勘違いしてしまいがちの個人の料理教室。

常に来ていただける生徒様に感謝の気持ちは忘れてはいけないと思ってます。