容姿執着するあまり、中身をおろそかにしてしまう。

食べ物も人間にも言えることだと思いますが、、

私は中身(美味しさ)追及しますが容姿はほとんど気に留めません。

 

逆にそこそこ美味しい、でも見た目はとても綺麗な食べ物に

まったく興味がありません。

頼まれてやっと手を出す程度です。

キャラ弁、飾り巻きずし、デコパン、そして練り切り。。

写真映えを気にする世の中、仕方ないことなのでしょうね。

 

和菓子を勉強していると、そういうお菓子が半分以上、いや7割以上あると思います。

形を気にするあまり、必要以上にお砂糖を入れたり、色素を使いすぎたり。。

 

練りきりやこなしになると、色を付けるために指先でずっとコネコネ

いじくり倒します。。

勉強すればするほど、ねりきりの購入は躊躇してしまいます😿😿

 

ひな蔵のお菓子は素朴な見た目だけど、ものすごく美味しいを常に目指してレシピ作りしてます。

そして、、どうしても綺麗な練り切りを作りたい場合ww

自分で色粉を入れたものを作り、大事な人に差し上げましょう!

なるべく天然の色素で、、なるべくいい材料を使用して、清潔な道具を使用して。。

自分で作ることが出来れば怖いものなしです。

 

 

じゃがいも饅頭。

男爵芋をゆっくり蒸した後、マッシュしてから白あんと合わせて餡にしてます。

 

 

蒸す前も蒸した後も、男爵芋にしか見えません。

 

 

そして何より美味しい。

 

 

お饅頭の皮も醤油で色付けし、あばたは赤ザラメで作ってます。

 

作成が楽しすぎて、ニヤニヤが止まりませんw

 

これは金玉羹を作ってます。

 

練りきりを3色に色付けし、ベンツ模様に合わせました。

 

 

金玉を練り切りの周りにそっと張り付けます。

 

外側を持てるように氷餅をはりつけて。花ぐるまの出来上がりです。

 

これも練り切りを柚子入りの金玉羹で固めたもの。

梅餡、抹茶、こし餡、白みそ、ミンとリキュールで色付けしました。

下に柚子入りの白あんの羊羹も入れてます。

工程がおもしろい。

 

自分で作った和菓子は安心して食べられますよ、、ね?

コメント
コメントする